Media amphion amphionloudspeakers アンフィオン  COMME des GARÇONS  SEIGEN ONO 川久保玲|amphion loudspeakers コンシューマー向け日本代理店 Wefield

TOPその他 > 『COMME des GARÇONS SEIGEN ONO』 発売30周年記念企画 オノ セイゲン × 國崎 晋 × ナガオカケンメイ トークイベントにご招待頂きました。

『COMME des GARÇONS SEIGEN ONO』 発売30周年記念企画 オノ セイゲン × 國崎 晋 × ナガオカケンメイ トークイベントにご招待頂きました。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『COMME des GARÇONS SEIGEN ONO』  発売30周年記念企画 オノ セイゲン × 國崎 晋 × ナガオカケンメイ トークイベントにご招待頂きました。
『COMME des GARÇONS SEIGEN ONO』 
発売30周年記念企画
オノ セイゲン × 國崎 晋 × ナガオカケンメイ トークイベントに
お招き頂き参加させて頂きました。



私的な意見ですが流行=ファッションなら興味の無い私ですが、
昔は洋服も好きでした。
今回はファッション、音楽、生活の融合、
絶対に面白そうだなという期待とわくわく感。
中年なので最近中々そういう感情ないんですが期待に胸膨らませて行って参りました。

オシャレなスペース、窓とは反対側にはデザインではない計算されたパーティション屛風が波打つような配置
スピーカーの後ろのソファーこれはデザインで置いてないんじゃないかとはじまる前から尚更期待度マックスでした。
※オノセイゲンさんが全て計算し調整していたようで、更に一番音の良い位置がマーキングされてました。

トークショーは終始穏やかで笑い有、脱線有りの2時間國崎さんの司会進行素晴らしかったです。
COMME des GARÇONSのショー音楽をオノさんが担当された時の制作秘話を聞きながら
音源も聴きまたトークに戻る等当時の話を生で聞けたのは感動ですし、
ampihon のTwo18で聴けたのも嬉しかったです。←弊社扱いでは無いのでゆっくり聴く機会が
いままでなかったので・・・

"ロングライフデザイン"を提唱するD&DEPARTMENT PROJECTディレクター・ナガオカケンメイさんの
お話の中で今回はあまりロングライフデザインのお話は聞けませんでしたが事前に
インターネットで検索しました所、人々の暮らしの中で長く使い続けられているデザインを「ロングライフデザイン」
とのインタビュー記事がありました。
amphionの製品でも引っ越した場合でも使い続けられるデザイン性と耐久性というフレーズがあります。
その点合致すると思いました。フィンランドハンドメイドなので日本製という訳ではありませんが・・・



曲の試聴ではファッションショーのショーをサンプリングされた曲では
それだけを聞いたら違和感のみだと思いますが、あの空気感や緊張感をどう表現して良いかわかりませんが面白い事
やられていたんだなと思いました。昨日聴かせて頂いた楽曲の1曲目リズムマシン、サンプリング、生楽器と音数もある中に更にPANで振ったり
片側で鳴らしたりと構成もとにかく圧巻で音質も最高で鳥肌立ち、
amphionでスピーカーで聴いて欲しいと思いました。


私はオーディオイベントに参加することが公私共に多かったのですが、
トークショー形式のイベントも新鮮で面白かったです。

来月からは弊社参加のオーディオイベントがポツポツとはじまりますので、
そちらもよろしくお願いいたします。
つづく

※今回のイベントで使用したamphion loudspeakersのスピーカーは
弊社取り扱い製品では無くミックスウェーブ株式会社様が取り扱われている
製品です。
※写真はオノ セイゲンさんにご提供頂きました。

最後に

詳細

オノ セイゲン Seigen Ono

 
サイデラ・パラディソ C.E.O.  ミュージシャン / エンジニア
 
1984年にJVCよりデビュー。87年に日本人として始めてヴァージンUK(アーティストとして3枚)、ヴァージン・ミュージックパブリシング(作家として10年)と契約。同年、コム デ ギャルソン 川久保玲から「洋服が奇麗に見えるような音楽を」という依頼によりショーのためにオリジナル楽曲を作曲、制作。アート・リンゼイ、ビル・フリゼール、ジョン・ゾーン、フレッド・フリスら、80年代のNYダウンタウン・シーン最精鋭たちが結集した『COMME des GARÇONS SEIGEN ONO』は、ファッション、広告、建築、デザイナーのあいだで再び注目されている。『Olive Tree for Peace / Seigen Ono』『Maria and Maria / Seigen Ono』 『Memories of Primitive Man / Seigen Ono and Pearl Alexander』(2015年 Sony Music Japan Int’l)ほか多数のアルバムを発表。 ニューヨーク、サンパウロ、リオデジャネイロ、パリ、ミラノ、東京で録音された『Bar del Mattatoio(屠殺場酒場) / Seigen Ono』はカエタノ・ヴェロ-ゾが寄せたライナーノーツも話題となる。最新リリースは『COMME des GARÇONS SEIGEN ONO』30周年記念盤(リマスター盤)&未発表音源収録の『CDG Fragmentation』。SACD, CD&LPで2019/3/20同時発売。 

https://saidera.co.jp/seigen.html


LP,CD 販売リンクはこちらから
CDG Fragmentation(アナログ)
https://shop.columbia.jp/shop/g/gR0119/


 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加