Media amphion アンフィオン Argon0 Argon バーンイン エージング 北欧スピーカー 北欧|amphion loudspeakers Ltd(アンフィオンラウドスピーカーズ) コンシューマー向け日本代理店 Wefield

TOPご案内 > 「スピーカーのバーンイン」

「スピーカーのバーンイン」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「スピーカーのバーンイン」
🔊「スピーカーのバーンイン」というと、ホームオーディオ、プロオーディオを問わず、さまざまな意見が飛び交います。バーンインとは、スピーカーのドライバーが工場出荷時には硬くて柔軟性がなく、そのために音が粗くなっているという考え方です。使い続けているうちにドライバーがほぐれ、本来の性能を発揮できるようになるのです。
バーンインのためには、50時間程度の音楽再生を推奨しています。ある程度の低音が出る音楽を、適度な音量で再生してください。ただし、「変化」の90%は最初の24時間で起こると言われています。
☝🏼音量を上げても、プロセスが早まることはありませんのでご注意ください。
🔊Talking about “burning-in speakers” invites a lot of different opinions across both Home Audio and Pro Audio sectors. Burn-in is the belief that the drivers in speakers arrive stiff and inflexible from the factory, which makes them sound more harsh. It's only after continued use that they loosen up and reach their peak performance.
For burn-in, we recommend playing around 50 hours of music, with some bass, at a moderate volume levels. However, 90% of the “change” happens in the first 24 hours of the process.
☝🏼Please note that raising the volume does NOT speed up the process.
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加